ステンレス絵はがき(春の小倉城 )

  • kcta-art-stainless2
販売価格: ¥935(税込)
在庫数 : 3
単位: 枚
発送目安: 2~3日後

北九州の名所やお祭りをステンレス板にシルク印刷した、メタリックな高級感溢れるステンレス絵はがきです。実際に切手を貼付して送ることもできます。全7種類。

また、フレームに入れるとアートとしても楽しめます。

【春の小倉城】
 小倉は関門海峡に連なる九州の喉もとの地で、筑前・豊後・日向方面・田川に至る交通の分岐点として要衝の地でした。そこに譜代大名の小笠原忠真が明石から入国、居城してからは城下町はいっそう整備されていきました。
小倉城は天守閣の高さ28.7m、堀からの石垣の高さ18.8mを加えると47.5m。
 天守閣は唐造りと呼ぶもので4 階と5 階の間に屋根のひさしがなく、5 階が4 階より大きく石垣は野面積みで、素朴ながらも豪快であり、昔の面影を偲ばせます。春には満開の桜を楽しむ市民であふれ、現在はいこいの場となっています。

【作品の紹介】
 ステンレスプレートに、シルクスクリーン印刷技術を適用し、芹田騎郎画伯の「きり絵」原画を再現し、アート性を高めた北九州独自の作品です。

【原画作者】 芹田 騎郎(せりた きろう)
 プロフィール
 1918 年 北九州市に生まれる。
 1935 年 台展審査員 吉田初蔵氏に師事し「きり絵」の製作活動に入る
       以後着色技術に取り組みシャープさの中にカラフルな画風を確立

【受賞歴】 北九州市民文化賞日本版画賞、サロンド・パリ賞
      フランス・ツージ・マルジス賞、他